[板さん]のホームページへようこそ!!  

TT&T Hi-NET(プロバイダーはCAT)のADSLサービス
回線とケーブル接続 & パソコンの設定方法

タイ国内住んでいる日本人がTT&TにADSLサービスの申し込みをした所、パソコンが日本語環境の為にドライバーのインストール等の設定作業が出来ないといわれ、ADSLが開通したにもかかわらずインターネットが使用できないという冗談の様な話を聞きました。
私の場合と契約しているインターネットプロバイダーや使用するADSLモデム等が異なっている可能性がある為、全く同じ手順で出来るのかは不明ですが、ある程度の参考になると思い、私のパソコンの場合の接続と設定手順をここに公開します。
なお、私が契約したインターネットプロバイダーはTT&TのHi-NETパッケージで、USB接続ADSLモデム(DSL-210)が含まれているセットです。

電話回線 - ライン・スプリッタ - ADSLモデム - パソコン間の接続

この作業を行う場合には、事前に必ずパソコンの電源を切って下さい
接続作業に際に、誤ってショートしてパソコンが壊れる可能性があります。

ADSL接続模式図

各機器の接続は、上記図1のように行います(ラインスプリッタの差込口の配置は上記図と同じとは限りません)。
以下の手順に従って接続していきます。

1.スプリッタの取り付け

使用中の壁のモジュラージャック(電話差込口)から電話機(またはFAX機)のモジュラーケーブルを取り外し、ADSLモデムに付属のモジュラーケーブルでスプリッタの「LINE」と書かれたコネクタと壁のモジュラージャック(電話差込口)を接続します。

2.電話機とスプリッタの接続

スプリッタの「PHONE」と書かれた差し込み口にこれまで使用していた電話機(またはFAX機)を接続します。
この状態で電話は利用可能です。
従来どおり受話器を取って「ツー」という発信音が聞こえたら電話機の接続は可能です。

3.ADSLモデムとスプリッタの接続

スプリッタの「MODEM」と書かれた差し込み口と、ADSLモデムの「ADSL」と書かれた差し込み口をADSLモデムに付属のモジュラーケーブルで接続します。

4.ADSLモデムとパソコンの接続

ADSLモデムの「USB」と書かれた差し込み口と、パソコンを付属の専用USBケーブルで接続します。

以上で、回線とケーブルの接続作業は完了です。

パソコンの設定

接続が完了したら、次はパソコンの設定を行います。

1.電源投入

まず、接続している状態でパソコンの電源を入れます。
システムが立ち上がると、「新しいハードウェアが 検出されました・・・(OSにより多少メッセージが異なります)」等の画面が出て、ドライバー等をインストールするウィザードが実行されます。
これは、必ずキャンセルして下さい

2.ADSL接続の確認

ADSLモデムの前面にLEDインジケータ(小さなランプ)が3個あります。
そのうち、ADSLのLInkが点灯している事を確認してください。
消灯していたり、点滅している場合には、まだADSLが開通していないか接続が間違っているかのどちらかです。
ADSLモデム DSL-210の前面パネル

3.USBモデムに付属しているCDをパソコンにセット

注意
もし、以前にDSL−210ドライバーを入れた場合(失敗した場合も)には、DSL−210のドライバーをアンインストール(削除)してから以下の作業を行ってください。
また、作業前に全てのプログラムを終了させて下さい(特に、ウィルス対策プログラム等)。

USBモデムに付属しているCDを、パソコンのCD−ROMドライブに入れます。
通常は、自動的にプログラムが起動され、下記画面が出ます。
もし、自動的に起動されない場合は、エクスプローラを起動して、CDの中にあるautorun.exeをダブルクリックして下さい。

DSL-210のセットアップメニュー

4.インターネットプロバイダーによるメニューの選択

一番上のメニュー(Driver Install)にて、[VPI/VCI(0/33)]又は[VPI/VCI(0/66)]のどちらかを選んでダブルクリックします。
自分の契約しているプロバイダーにより選択します。

[VPI/VCI(0/33)] : プロバイダーが、CAT,CS Loxinfo,KSC,又はJJ−Metの場合
[VPI/VCI(0/66)] : プロバイダーが、CATの場合

どちらかをダブルクリックすると、クイック・インストールが開始されます。
なお、プロバイダーがCATの場合は”VPI/VCI(0/66)”を選択することをお勧めです(こちらの方が高速です)。

5.ドライバーのインストール実行中

ドライバーのインストール状況が下記画面にて見えます。
DSL-210のドライバーインストール画面

途中で下記画面が出ますが、インストールを中断する意図がなければCancelボタンをクリックしないで下さい。
インストール確認プロンプト

6.ドライバーのインストール完了

下記画面が出たら、インストール完了です。
右下の”Finsh”ボタンをクリックして下さい。
セットアップ完了

下記画面にて、左下の”Close”をクリックして下さい。
セットアッププログラムが終了します。
DSL-210のセットアップメニュー

7.システムの再起動

パソコンを再起動します。
システムが立ち上がったら、再びモデム前面のLEDインジケータ(小さなランプ)を確認して下さい。
USBのLinkと、ADSLのLinkが点灯しているはずです。
もし、消灯していたり点滅している場合にはドライバーをアンインストール(削除)後、再インストールを試みて下さい。
ADSLモデム DSL-210の前面パネル

8.インターネットへのダイヤルアップ接続

ADSLダイヤルアップ接続アイコンデスクトップに左記のアイコンが作成されているはずです。
このアイコンをダブルクリックすると、ダイヤルアップ接続画面が出ます。
事前にプロバイダーから受け取っているユーザー名とパスワードを入力し、”ダイヤル”をクリックすると接続が開始されます。
そのとき、”パスワードを保存する”にチェックを入れると次回からパスワードを入力する必要がなくなりますので便利です。

戻る

最終更新日時 : 04/08/05 Friday 15:13:51