[板さん]のホームページへようこそ!!  

タイランドのロングステイに関する掲示板

O-Aビザ申請時の経歴書用紙と80万バーツの預金口座種別

No.19 OAビザ取得 投稿者:58歳 2004/10/13(Wed) 19:00:26
始めまして、私58歳です。この度チェンマイへOAビザを取得して長期滞在をすることにしました。
当方、地方のためにOAビザの申請書や経歴書などをHPよりダウンロードしたのです。
ところが、2003年の11月に東京からOAビザを取得して行かれた人から見本をいただいたのですがOAビザ申請書の用紙は同じなのですが経歴書の用紙が英語と日本語が印刷されておりました。

どちらの用紙を使っても大丈夫なのでしょうか?

今日もタイ大使館へ問い合わせの電話をいれなのですが話中が多く、つながりにくい状態です。
もし、ご存知でしたらお知らせください。

それと、板垣さんのHPを読んだ中に残高証明書の80万バーツが普通預金ではなく定期預金にしたと書いてましたが、他から聞いて話なのですが80万バーツは生活費として使っていかないと働いているのではないかと疑われるそうなのです。

この点も教えて頂きたいのです。よろしくお願い致します。

No.20 Re: OAビザ取得 投稿者:管理人 2004/10/13(Wed) 19:07:36
>どちらの用紙を使っても大丈夫なのでしょうか?
私の場合は、大使館のHPからダウンロードした英文のみが記載されている用紙を使用しました。
現在、大使館のHPにあるものでしたら当然有効だと思いますが・・

[補足説明]
HPは東京のタイ王国大使館のと、大阪のタイ王国領事館のがあります。
東京の大使館に申請をする場合は、必ず東京の大使館のHPから申請用紙をダウンロードして下さい。
また、大阪の領事館に申請する場合は、必ず大阪の領事館のHPから申請用紙をダウンロードして下さい。
そうでないと、申請時に書き直しをさせられます(その様な方がいました)。


>定期預金にしたと書いてましたが
これは、こちら(チェンマイ)にてビザを更新する際の残高証明に使用するためのものです。
ビザを更新する際は、定期預金通帳と日々生活費として引き落としている普通預金通帳の双方を提出しますので問題ありません。

チェンマイに長期間住むのでしたら、一部の現金を日本からチェンマイに移すのも考えておく必要があると思います。
現在は円が高いですが、将来は不明です。
もし、将来円安になれば、タイでの生活費が高くなってしまいます。
どの程度(割合)タイの銀行に預けておくかは個人により異なると思いますが、私の場合は2年先までの生活費をタイにおいておくつもりです。

[補足説明]
80万バーツ(或いはそれ以上)を現金でタイ国内に持ち込み口座を作って預金した方がタイ国内でO-Aビザを取得しようとした所、送金証明書を求められてビザが取得出来なかった事例があります。
また、同様に生活費を現金で持ち込んだ方が滞在期間延長をしようとした所、生活費はどのようにしているのか質問されて往生したと言う話も聞いています。
一番無難なのは事前にタイ国内に自分名義の銀行口座を開設しておき、日本国内にあるバンコクバンクの支店から送金する方法です。
その時は、必ず送金依頼書をタイ国内に持ってくる様にして下さい.
もし、どうしても生活費を現金で持ち込みたい場合には、本来は必要ないのですが税関申告し、入国後に現金を普通預金口座に入金して後はそこから引き出して生活するのが一番です。
滞在期間延長申請時は、税関申告書の控えと普通預金通帳を提出すれば何の問題も無いはずです。

戻る

最終更新日時 : 06/17/05 Friday 20:23:15